アルミサッシ

バルコニーにウッドデッキを設置する際の注意点

ベランダ

近年のDIYブームの代名詞のひとつにウッドデッキがあります。住宅のバルコニーやリビングの延長としてのアウトドアリビング等、用途は様々なものがあります。ここでは、バルコニーのウッドデッキについて説明します。バルコニーをウッドデッキにする際に、何点か注意事項があります。
ひとつは用途をあらかじめ想定することです。通常の使い勝手であれば特に気にすることもありませんが、まれに重量物を置くケースなどがあり、想定外の荷重はウッドデッキ自体の耐久性にも影響してきます。次に気をつけたいのは材質です。ウッドデッキの材質には状況に応じて適した材質があります。庇などがあり、雨がかりが無いようであれば自然木でも問題ない可能性もありますが、風雨にさらされた過酷な環境下では、思っていた以上に劣化が早く思わぬ修繕費用がかかることもあります。そこで、最も適した材質が人工木だと思います。人工木は各社メーカーから商品がでており、イニシャルコストは若干高いものの、自然木と比べ耐久性が高く劣化もしにくいことから、結果的に修繕費などを安くできる可能性があります。また、人工木のメリットとして温度変化に強いということがあり、近年の猛暑に対しても一定の効果があると思います。

UPDATE CONTENTS